正当防衛権の再生 - 川端博

正当防衛権の再生

Add: tejem11 - Date: 2020-12-06 15:18:49 - Views: 9334 - Clicks: 7954

正当防衛論の基礎 フォーマット: 図書 責任表示: 橋爪隆著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 有斐閣,. 内藤謙『違法性における行為無価値論と結果無価値論』論争刑法 7. 『論点講義 刑法総論』(弘文堂、年) 13. 『刑法総論講義(第3版)』(成文堂、年、初版1994年) 2. 生田勝義『可罰的違法性と社会的相当性』現代刑法講座2巻 11. 正当防衛 / 荘子邦雄著: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ホウレイ マタワ セイトウナ ギョウム ニヨル コウイ. 増田豊『人格的不法論と責任論の規範論的基礎』法律論叢49巻6号 9.

過剰 防衛を「正当防衛の過剰」として規定している. 板倉宏『結果無価値と犯罪論の主観化』西原古稀1巻 5. 川端博著 (刑事法研究 / 川端博著, 第5巻) 成文堂, 1998. See full list on weblio. 『レクチャー刑法総論』(法学書院、年) 7. その学説は、違法性論について、団藤重光と同じ行為無価値論の流れをくむが、理論的には行為無価値論を徹底させ、違法性は、「行為時の事前判断」であるとし、他方で、従来の行為無価値論と異なり、義務違反性を問題にしないとの立場をとる。 正当化事情の錯誤において、「行為時の事前判断」の見地から、その錯誤が一般人にとって回避不可能であるばあいには、行為の違法性阻却を認め(過失不法の残存も認めない。)、回避可能であるばあいには、違法性の認識を失わせる違法性の錯誤(禁止の錯誤)として扱われるべきであるとする二元的厳格責任説を提唱。 因果関係論においては、「相当因果関係説の危機」が指摘される中で、「行為時の事前判断」の見地から、相当性判断に高度の蓋然性を要求し、行為後の他人の構成要件該当行為による介在事情を判断基底から除外することで、折衷的相当因果関係説を維持している。そのため、結論的には大阪南港事件の最高裁判決に反対する。.

林美月子『責任能力と法律判断』松尾古稀(上) 6. 平野龍一『刑事責任』刑法の基礎 5. そう言う意味でこの事件は15歳の少女の行為は正当防衛と判断することに何の異論もない。. 曽根威彦『現代刑法と法益論の変容』阿部古稀 8. 『新訂 刑法』(放送大学教育振興会、年) 10.

その学説は、違法性論について、団藤重光と同じ行為無価値論の流れをくむが、理論的には行為無価値論を徹底させ、違法性は、「行為時の事前判断」であるとし、他方で、従来の行為. 川端 博(かわばた ひろし、1944年 5月1日 - )は、日本の刑法 学者。 明治大学 名誉教授・法学博士。. ヒガイシャ ノ ショウダク. 山火正則『構成要件の意義と機能』基本講座2巻 11. 鈴木茂嗣『違法性について』西原古稀1巻 2.

6 形態: 306, 11p ; 22cm 著者名: 山中, 敬一(1947-) 書誌ID: BN00779595. 京藤哲久『法秩序の統一性と違法判断の相対性』平野古稀(上) 12. 正当防衛権の再生 フォーマット: 図書 責任表示: 川端博著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 成文堂, 1998. 内田文昭『決定論と予防論-最近の「予防的責任論」をめぐって-』香川古稀 15. 『事例式演習教室 刑法(第2版)』(勁草書房、年、初版1987年) 12.

松原芳博『犯罪論における「構成要件」の概念について』西原古稀1巻 9. 2)川端博『正当防衛権の再生』(平10年・1998年)266頁。 3)最決平4・6・5刑集46巻4号245頁。本件評釈としては,小川正持「判批」『ジュリ スト』1011号(平4年・1992年)98頁以下,同「判批」『最高裁判所判例解説刑事篇(平. 域では,正当防衛の成立範囲が拡張する傾向にあったという指摘もなされている。この点 については,川端博『正当防衛権の再生』(成文堂・1998年)10頁以下。 9) 川端博=山中敬一「対談・正当防衛権の根拠と限界」現代刑事法 巻12号(年)10. 大谷實『現代刑事制裁論』現代刑法講座1巻 16. 振津隆行『刑法における危険概念』刑事不法論の研究 7. 萩原滋『刑罰謙抑主義の憲法的基礎』宮沢古稀2巻 14. 『文書偽造罪の理論(新版)』(立花書房、1999年、初版1986年) 5.

『現代刑法理論の現状と課題:川端博対談集』(成文堂、年) 2. 『刑法講話2各論』(成文堂、年) 16. ()2頁,同「正当防衛状況の判断について」法教405号()102頁,川端博『正当防 衛権の再生(刑事法研究第5巻)』(成文堂・1998),佐藤文哉「正当防衛における退避可能性に.

同『責任主義の現代的意義』警察研究61巻10号 9. 」とは、過剰防衛が正当化事由(違法性阻却事由)である正当防法 説のように解することできるので、さほど問題は生じないといえる。しかし、違法性の減少については、改めて検討. 人権の再問 フォーマット: 図書 責任表示: 市野川容孝編 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 法律文化社,. 一自招侵害と正当防衛一 川 端 博 自招侵害に対して正当防衛を認めてよいか,につい て古くから論じられ,今なお争われている。これは, 違法性論の最先端の問題であるといえる。自招侵害と は,防衛者がみずから不正の侵害を招いて正当防衛の.

浅田和茂『責任能力論』現代的展開(Ⅰ) 3. 自招侵害と正当防衛論 岡本昌子著. 過剰防衛と「行為の一体性」について 照沼亮介著. 自救行為と刑法における財産権の保護 大下英希著. 文書偽造罪の本質 成瀬幸典著. コンピュータ時代における文書偽造罪の変容 今井猛嘉著. 中止犯論の問題点 野澤充著. 仲道祐樹著『行為概念の再. 『通説 刑法各論』(三省堂、1993年) 9. 垣口克彦『主観的違法要素の理論』中古稀 12. 高山佳奈子『違法性の意識』刑法雑誌37巻2号 2.

曽根威彦『主観的違法要素-中・中山論争に寄せて-』中山古稀3巻 13. 川端博先生の肖像あり 川端博先生略歴: 下巻p889-892 川端博先生著作目録: 下巻p893-915: 登録日:: タイトルのヨミ、その他のヨミ: カワバタ ヒロシ センセイ コキ キネン ロンブンシュウ: 著者名ヨミ: イダ, マコト タカハシ, ノリオ タダキ, マコト. 生田勝義『可罰的違法性』基本講座3巻 10. 正当防衛 : ゲッツ事件とアメリカ刑事司法のディレンマ 資料種別: 図書 責任表示: ジョージ P. 『刑事訴訟法(新訂版)』(共著)(創成社、年、初版1993年) 4. 正当防衛権の根拠と展開 フォーマット: 図書 責任表示: 齊藤 誠二出版情報: 東京 : 多賀出版 形態: xi,352p 著者名: 齊藤 誠二書誌ID: KB10013530. Amazonで川端 博の共犯論序説 (刑事法研究)。アマゾンならポイント還元本が多数。川端 博作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. フレッチャー著 ; 渡辺修, 佐藤雅美訳 出版情報: 東京 : 成文堂, 1991.

正当防衛に関する判例理論は難解であると指摘されるようになった6。このことから、特に実務家を中心と このことから、特に実務家を中心と して、裁判員裁判における使い易さを意識した判断基準の構築が要請されている 7 。. 『刑事訴訟法講義』(成文堂、年) 4. 平場安治『責任の概念的要素と刑事責任論の根底』団藤古稀2巻 7. 『レクチャー刑法各論』(法学書院、年) 8. 正当防衛 : ゲッツ事件とアメリカ刑事司法のディレンマ フォーマット: 図書 責任表示: ジョージ P. 板倉宏『違法性における行為無価値論と結果無価値論』論争刑法 4. 『刑法講話1総論』(成文堂、年) 15. 正当防衛権の再生 (刑事法研究) 川端博(刑法学)/成文堂 1998/06出版 290, 22cm ISBN:NDC:326.

葛原力三『消極的構成要件要素の理論』中古稀 4. 山中敬一『刑法理論の展望』犯罪と刑罰15号 7. 6 形態: 4, 8, 290, 1p ; 22cm 著者名: 川端, 博(1944-) シリーズ名: 刑事法研究 / 川端博著 ; 第5巻 書誌id: baisbn:. 岡本勝『「抽象的危殆犯」の問題性』法学38巻2号 2.

丸山雅夫『学派の争い』基本講座1巻 2. 中山研一『違法性の判断とその時期』井上追悼 3. 同『主観的不法要素について』刑法上の諸問題 15. 鈴木茂嗣『行為の目的性・違法性・有責性』法学論叢132巻1=2=3号 6. 10 上巻 下巻. 堀内捷三『責任論の課題』現代的展開(Ⅰ) 8. 第三章 正当防衛権と国家による実力独占の関係性84) 前章で確認したことは,国家による実力独占をどのように理解するかに 対する問題に回答しなければ,正当防衛の前段階における公的救助要請義.

林幹人『可罰的違法性と法秩序の統一性』刑法の基礎理論 14. 北野通世『積極的一般予防』法学59巻 5. 中義勝『主観的不法要素の全面的否認説について(1)(2・完)』法学教室106号・107号 14. 正当防衛の基礎理論 フォーマット: 図書 責任表示: 山本和輝著 出版情報: 東京 : 成文堂,.

『正当防衛権の再生 刑事法研究 』川端博(成文堂) 1998/06 ¥5,775 『司法試験 ― 受験への誘いと合格への道しるべ パースペクティヴズ 』川端博(成文堂) 正当防衛権の再生 - 川端博 1998/05 ¥945. 曽根威彦『違法の統一性と相対性』香川古稀 13. 「正当防衛権の根拠と正当防衛の客観的要件の関係の再検討」 刑法雑誌47巻2号190-205頁,年1月 山本雅昭=明照博章「松山・徳島大学刑法研究会―学部学生による判例研究会の試み―」 松山大学論集18巻6号253-282頁,年2月. 佐伯千仭『タートベスタント序論』刑法における違法性の理論 5.

団藤重光『責任能力の本質』刑法講座3巻 4. 同『人格責任と行為責任』刑法講座3巻 6. 刑事法研究第1巻『正当化事情の錯誤』(1988年)、第2巻『違法性の理論』(1990年)、第3巻『錯誤論の諸相』(1994年)、第4巻『財産犯論の点景』(1996年)、第5巻『正当防衛権の再生』(1998年)、第6巻『定点観測 刑法の判例:1996年度~1998年度』(年. 立石二六『構成要件概念について-構成要件と違法性の関係を中心に-』下村古稀〔上) 6. 『集中講義 刑法総論(第2版)』(成文堂、1997年、初版1992年) 17. 『特集 心神喪失者の医療観察に関する法整備』ジュリスト1230号 2.

Amazonで川端 博の正当防衛権の再生 (刑事法研究)。アマゾンならポイント還元本が多数。川端 博作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. ₂ このような観点から量的過剰の問題を検討する文献として、川端博『正当防衛権の再生』(₁₉₉₈年、成 文堂)₂₇₉頁以下、橋田久「量的過剰防衛―最高裁平成₂₀年₆月₂₅日第一小法廷決定を素材として―」. 奈良俊夫『目的的行為論と法益概念』刑法雑誌21巻3号 13. 平場安治『酩酊と刑事責任』刑法講座3巻 7. 被害者の承諾 / 中野次雄著. 内藤謙『法益論の一考察』団藤古稀3巻 12. 本書は、共犯に関する論稿などをまとめたものとなった。本書において強調されているのは、次の諸点である。すなわち、二元的人的不法論の共犯論への反映、共同正犯における「一部実行の全部責任の原則」の個人主義的把握、共犯における違法性の「相対化」、「正犯と共犯の区別」におけ. 上で、正当防衛権の根拠と正当防衛の要件である「侵害の急迫性」及び「侵害の不正性」の関係につ いて検討を加えた。 次に、正当防衛の客観的要件(侵害の急迫性及び侵害の不正性)について検討した(第2章、第3 章及び第4章)。.

伊東研祐『責任非難と積極的一般予防、特別予防』福田=大塚古稀(上) 2. 法令または正当な業務による行為 / 小野慶二著. 宗岡嗣郎『刑法における因果性と危険性』久留米法学1巻1号 10. 川端博先生古稀記念論文集 井田良 ほか 編集 成文堂,. 金沢文雄『刑罰目的の多元的・発展的考察』中山古稀4巻 17.

『リューピング著 ドイツ刑法史綱要』(共訳)(成文堂、1984年) 3. See full list on w. 『特集 刑事責任能力をめぐる最近の動向と問題点』刑法雑誌36巻1号 5. 松原芳博『人的不法論における行為無価値と結果無価値』早稲田法学78巻3号 8. 正当防衛の限界 フォーマット: 図書 責任表示: 山中敬一著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 成文堂, 1985. 『刑法各論概要(第3版)』(成文堂、年、初版1990年) 14. 5 形態: viii, 377p ; 22cm 注記: 文献略語: 巻頭pviii 著者名: 橋爪, 隆 書誌ID: BAISBN:.

正当防衛権の再生/川端 博 ¥. 3 形態: vi, 261p ; 22cm ISBN:著者名: 山本, 和輝(1991-) 書誌ID: BB注記: 引用文献一覧: p243-261. 『刑法総論25講』(青林書院、1990年) 11. 内藤謙『日本における「古典学派」刑法理論の形成過程』法学協会百周年記念論文集第2巻 3.

正当防衛権の再生 - 川端博(刑法学) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 1)川端博『正当防衛権の再生』(平10年・1998年)93頁。 2)小林准教授は,「自招防衛とは形式的にみると正当防衛の要件が充足されているかにも 正当防衛権の再生 - 川端博 思える状況が存在するにもかかわらず,そのような状況を招致したことにつきなんらかの. 北野通世『抽象的危険犯の処罰根拠』大野古稀 3. フレッチャー著 ; 渡辺修, 佐藤雅美訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 成文堂, 1991. 平川宗信『主体性と刑事責任』団藤古稀2巻 4. 『刑法総論』『刑法各論』『刑事訴訟法(補訂)』(八千代出版、1993年、1993年、1995年) 5.

『刑法各論講義(第2版)』(成文堂、年、初版年) 3. 『法学・刑法学を学ぶ』(成文堂、1998年) 6. 曽根威彦『自己決定の自由ー憲法と刑法の交錯』佐藤古稀 9. 三井誠『刑法学説史(2)日本・戦後』 4.

1 形態: viii, 224p ; 22cm. 中山研一『主観的違法要素』刑法の論争問題 16. セイトウ ボウエイケン ノ サイセイ. 高橋則夫『刑法的保護の早期化と刑法の限界』法律時報75巻2号 10. 所一彦『抑止刑と自由意思』平野古稀(下) 6. 町野朔『構成要件の理論』現代的展開(Ⅰ) 8. 刑法総論 - 川端博(刑法学) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. セイトウ ボウエイ: 著者名ヨミ: オノ.

内藤謙『刑法における法益概念の歴史的展開(1)(2)』都立大法学会雑誌6巻2号 11. 大野平吉『行為責任と人格責任』基本講座3巻 3.

正当防衛権の再生 - 川端博

email: kesoje@gmail.com - phone:(781) 626-9201 x 4893

国際商事仲裁判断の承認及び執行に関する序説的研究 - 楊曄 - 第三編之一 朝鮮史編修会

-> CNNニュース・リスニング 2018春夏 CD&電子書籍版付き - 『CNN English Express』編集部
-> CIA秘密飛行便 - スティーヴン グレイ

正当防衛権の再生 - 川端博 - 偽装閉鎖 種本良彦


Sitemap 1

施工単価資料 ’90下期版 - 建築工事研究会 - シャアがくる ジャイブ株式会社 増補改訂版 機動戦士ガンダム